免疫沈降がさまざまな病気治療に有効的な理由|健康ヘルス塾

最も広く使われている

先生

免疫沈降とは、細胞を使いあらゆるタンパク質から目的とするタンパク質を作り出すための方法に使われるものです。特異対抗が今のところないため、免疫沈降に対応していない場合でも、目的とするタンパク質を使って免疫沈降を行なうことが可能です。ただ、内在発想レベルでの共沈は少々難しくなるため、時間を要する可能性が出てきます。そのため、免疫沈降がわずか一時間以内で出来てしまう方法を、論文を参考に行なうことが成功の秘訣になります。

免疫沈降の成功には、失敗しないためのポイントを把握しておくことが重要です。例えば、沈降に必要なターゲットを絞り込むために、細胞の種類は現時点で頭の中に入れておくべきでしょう。培養の条件を元に、刺激の有無を逐一チェックも忘れてはいけません。ただ、タンパク質の相互作用の変化はまちまちで、諦めずに何度も検討することが成功の秘訣になります。しかし、対抗の質によってどうあがいても無理な場合がありますので、次は他のメーカーが扱う対抗で再度、免疫沈降を試みます。失敗の原因は、柔軟に対応が出来ていない可能性があります。ですから、免疫沈降が不可能と投げ出すのではなく、何度も繰り返し行なうことが、結果へ繋げる近道になるのです。それでも成功の兆しが見えない場合は、タンパク発現系を使用しましょう。ここで注意点ですが、過剰系の発現系だと他の形で結合されることがあります。この時、negative controlの取り方が最も重要視されるため、必要に応じて相互作用の検出がなされることが多いです。